東京風俗散策ポータル

タイトル: 限界が近づいてきたので正上位で一回精液どぴゅんち発射させてもらいます。

限界が近づいてきたので正上位で一回精液どぴゅんち発射させてもらいます。

川崎ソープ嬢に仰向けに寝てもらい攻めます。おっぱいは小ぶりながらも美乳おっぱいで触ってて楽しいです。体全体がみずみずしくどこを触ってもエロエロな弾力で手を弾いてきます。軽くクンニをして川崎ソープ嬢の体の反応を見ましたが、感度良く、鳴きは本物のようです。四つんばいにさせ肛門を舐めますがあまり気持ちよくなさそうです。おま○こに戻って舌を入れてみると中でも少し感じてくれます。中の具合を確かめたくて中指をおま○こに入れてみると中がとっても広いです。空洞で指を限界まで入れると子宮口に触れることが出来ました。そのまま指で全体を撫でるように回して広さを調べましたが奥の角まで指は届きませんでした。Gスポットはザラザラしてますがそれ以外のはツルツルした感触です。仰向けに戻ってもらいコンドームをして挿入します。ここで発覚したのが入り口がとても狭いことでした。痛がらないようピストンしておま○この具合を味わうようにピストンします。すると女の子の顔は眉間にしわを寄せ意思に反して気持ち良さそうにしてるのがS心をくすぐりました。限界が近づいてきたので正上位で一回精液どぴゅんち発射させてもらいます。

関連記事はこちら