東京風俗散策ポータル

タイトル: ソープランドからデリヘルへ

ソープランドからデリヘルへ

私にとって、錦糸町は思い出の街です。
私が二十歳になったときに、「ここは東東京随一の風俗店街なんだぞ」と言いながら、5歳年上のいとこが連れて来てくれました。
そして、めくるめく世界に見えた南口のソープランドが、私の記念すべき風俗デビューの店になるわけです
その日から長い年月が経ちましたが、あの日に教えられた快感が忘れられなくて、ソープランドはその後も何度も利用してきました。
今では、ソープランド以外にも、イメクラやファッションヘルス、オナクラなども利用します。
中でも最近よく利用するのが、デリヘルです。
店舗に出向くよりも、嬢に自分の家に来てもらうほうが、楽だと感じる年齢になってきたということかもしれません。
私のお気に入りのデリヘル嬢は、あの日のソープランドで私を気持ち良くしてくれた嬢に少し似ています。
そして、あの嬢と同じように、私を最高に気持ちよくしてくれます。
特に口での処理が絶品で、彼女に咥えられると、あまりの気持ち良さに腰から下がガクガクと震えてしまいます。
それがあの日とリンクして、さらに気持ち良くなってしまうのです。

関連記事はこちら