東京風俗散策ポータル

タイトル: 緊張のデリヘルデビュー

緊張のデリヘルデビュー

風俗を利用してみたいとずっと思い続けてきました。
だから18歳になったときは、これで念願の風俗デビューができると思い、気持ちが高ぶりました。
でも、それと同時に不安も大きくなりました。
初めての風俗は、デリヘルがいいと思っていたんですが、女の子と完全に二人きりで、ちゃんと話をすることができるだろうかとか、部屋が汚いと嫌われてしまうんじゃないかとか、いろんなことが頭の中をぐるぐるしてしまって、どんどん自信がなくなっていきます。
上野のデリヘルに電話をしたきは、スマホを持つ手が震えてしまうような状態です。
電話のときからこんな感じですから、女の子がきたときは、緊張で顔も見ることができません。
そんな俺を、女の子はずっとやさしくリードしてくれました。
緊張が解け始めたのは、プレイ中、「初めてのときはみんな緊張するものだから」と言われてからです。
全部任せて、気持ち良くなることだけを考えようと思えるようになって、気持ち良くなることに集中できるようになりました。
それからは、どんどん気持ち良くなることができて、最高の時間を過ごすことができました。

関連記事はこちら